小児歯科

お子さんの歯を虫歯から守る小児歯科

お子さんの歯を虫歯から守る小児歯科

子どもの乳歯は永久歯よりやわらかいという特徴があります。そのため、子どもは大人よりも虫歯になりやすいのです。しかし、お子さんは自分で自分の歯を守ることができません。そこで、親御さんの協力が必要になるのです。

JR芦屋駅から徒歩4分の歯医者「中山歯科」小児歯科では、お子さんに楽しく通院していただける体制づくりに努めています。親御さんと当院とで協力し、お子さんの歯を虫歯から守ってあげましょう。

キッズクラブ入会受付中

キッズクラブ入会受付中

当院では、お子さんに楽しく通院していただくことでお口の健康を維持できるよう、「キッズクラブ」を開設しています。特典が多く、お子さん自身が歯や歯のケアの大切さを理解する機会になりますので、入会をおすすめしています。

入会金・年会費 無料
特典
  1. 特典1.定期検診(3ヵ月に1回)のタイミングを、ハガキにてお知らせ
  2. 特典2.定期検診の後には、フッ素塗布(通常2,100円)を無料でご提供
  3. 特典3.お口の健康管理を行うための、会員ノートを進呈
  4. 特典4.ブラッシング指導の後には、使用した歯ブラシをプレゼント
  5. 特典5.矯正の無料相談を受けられます

お子様の歯並び気になりませんか??小児矯正は成長発育を促すために必要です矯正歯科についてくわしくはこちら

お子さんが虫歯にならないために

お子さんが虫歯にならないために

おやつが大好きだけどブラッシングはうまくできない……。そんなお子さんは虫歯になりやすい上に、やわらかい乳歯はあっという間に虫歯を進行させてしまいます。そんなお子さんを虫歯から守るには、親御さんによる仕上げみがき定期検診が欠かせません。

定期検診に通っていれば、わずかな異変も見逃すことなく早期の対応が可能になります。それは、お子さんの負担の軽減にもつながること。また、ふだんから歯科医院の雰囲気に慣れておくことで、いざ治療が必要になったときにもスムーズに進めることができます。小さなころから、定期検診に通う習慣をつくってあげてください。

お子さんのブラッシングについて

お子さんのブラッシングについて

小さなお子さんは、ブラッシングをきちんとすることができません。そのため、親御さんによる仕上げみがきがとても重要になります。とはいえ、自分でみがく習慣を身につけることも大切なこと。ブラッシングが当たり前のことになるよう、お子さん専用の歯ブラシを持たせてあげましょう。

ブラッシングは毎食後するのが理想ですが、仕上げみがきは就寝前だけでもかまいません。就寝中はだ液の分泌が減って虫歯になりやすくなるため、1日の終わりには丁寧にみがいてあげてください。

お子さん連れのお母さんも通いやすい歯医者です

「子どもがいるから、歯医者に行きたくても行けない……」とお悩みではありませんか? 当院では小さなお子さんをお持ちのお母さんにも歯科治療を受けていただけるよう、さまざまな取り組みを行っています。

たとえば診療ユニットのすぐ横に、キッズスペースを完備。お母さんにはお子さんの様子をそばで見ながら、安心して治療を受けていただけます。また子ども好きのスタッフが、お子さんのお相手をすることも可能ですので、お気兼ねなくお申し出ください。

お子さん向けの予防メニュー

フッ素塗布
フッ素塗布 歯質を強化し、歯の再石灰化を促す効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布する処置です。乳歯はもちろん永久歯の虫歯予防にも効果的です。またごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が期待できるケースもあります。
効果1 効果2 効果3
フッ素塗布を行うことで歯を構成する成分が修復・安定し、歯のエナメル質が強化され虫歯を予防します。 エナメル質が虫歯菌の出す酸によってお溶け出す「脱灰(だっかい)」を防ぎ、歯の再石灰化を促します。 歯垢の生成を抑制し、虫歯菌による酸の放出量を減少させます。
シーラント

シーラント

奥歯にある複雑で深い溝には食べカスが溜まりやすく、虫歯になりやすいという特徴があります。そこでその溝を、あらかじめレジン(歯科用プラスチック)で埋めてしまい、虫歯を予防します。

PICK UP!虫歯から歯を守るおやつとは?

お子さんが大好きなおやつ。甘いおやつは虫歯の元……、と悪者にされがちです。しかし、甘くても、歯を守れるおやつがあるのをご存知ですか? そのキーワードは「キシリトール」です。

キシリトールとは、白樺やかしの木を原料にした天然素材の甘味料。砂糖と同程度の甘みを持ちながら虫歯菌のエサになる糖分が少ないため、虫歯の発症リスクを軽減することができるのです。

お子さんの歯を虫歯から守るには、おやつがチョコレートやキャラメルなどばかりにならないよう注意し、積極的にキシリトール入りのものを選ぶことをおすすめします。

妊娠中の方は、一度検診を受けましょう

妊娠中の方は、一度検診を受けましょう

女性は妊娠するとホルモンバランスが変化したり、つわりがはじまったりすることで、お口の環境が悪化しがちになります。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなります。なかでも歯周病は、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまうといわれており、とくに注意が必要です。

「妊娠したら歯科治療は受けられない」と思われている方も少なくありませんが、実際にはそんなことはありません。安定期に入ったころを見はからって、一度検診を受けるようにしましょう。

中山歯科の診療のご予約は こちらから

予防は、子どもにも大人にもとても重要なものです予防歯科についてくわしくはこちら

0797-38-2410 タップで電話がかかります

Web予約